目立たない編地のつなぎ方

今日は目立たない編地のつなぎ方をご紹介します。

編み物には数えきれない種類のつなぎ方がありますが、どれもなるべく目立たないように仕上げたいですよね。

今回ご紹介する方法は、目立たない縫い方で編み初めや編み終わりをつなぐために役立ちます。

つまり、セーターの肩はぎなど、伏せ止めをした目数が同じ段と段、または作り目をつなぐために使える方法です。

画像では手順が分かりやすいよう別糸を使用していますが、編地と同じ糸を使えば目立たずすっきりと仕上がります。

編地の表を上にして突合せにし、編み目を合わせます。

とじ針に糸を通し、片側から縫い始めます。近くの編地の目の裏から手前に向けて針を挿し、糸を引きます。

次に、遠くの編地の目を、右から左に横切るよう針ですくい糸を引きます。こうすると、編地の目と同じ形のものができます。

近くの編地に針を戻し、さっき糸を出した同じ目に針を通します。

これを目数分繰り返し、右から左に向かってつなぎ合わせます。

縫い始めは、必ず近くの編地の裏から手前に向かって針を通すことを忘れないよう、気を付けてくださいね。

終わったら、結び目を作り、糸を編み目に隠します。

驚くほど簡単でしょう?

サンプルでは、イエローのファブリックヤーンと15mmの棒針を使っています。好みの色のファブリックヤーンを選んで、できた作品をハッシュタグ#weareknittersを付けてぜひシェアしてくださいね!