セーターの袖付け

初めてのセーターを編むのは、多くの方にとって難題ですよね。でもご安心ください!WAKのキットは、皆さんに編み物を楽しんでもらえるよう、様々な難易度に合わせた豊富なバラエティから自由に選べるよう、デザインされています。

まずパーツごとに編み、最後にそれらを一つにつなげるのが、セーターを編む手順です。作品の出来栄えを良くするためには、それぞれ正しい作業をすることがとても大切です。

初心者にも経験を積んだ方にも役立つよう、今回は目立たない接ぎ目で袖付けをする方法をご紹介します。動画で手順を確認してください。

セーターの前身頃と後身頃を編み、接ぎ合わせたら(この編み方をすると見栄えを良くすることができます)、次は両袖をつなぐ番です。

片方の袖と身頃の袖山のラインを合わせます。袖下から身頃の脇の目を縫います。動画でよく確認してください。

準備はできましたか? とじ針にセーターと同じ色の糸を通します。(針の通し方が見えやすいよう、動画では別糸を使っています)

1. 袖下の端の一目に、針を裏から表に向かって通し、糸を引っ張ります。

2. 次に、身頃の1目と2目の間にある裏目の下から、針をくぐらせます。これで糸は裏側にあることになります。

3. 袖に戻り、手順1で糸を引っ張り出した同じ目に針を挿します。

4. 次の目の裏側をくぐり、糸を引っ張ります。続いて最後まで段に沿って編んでいきます。

この手順を繰り返し、袖全体と身頃をつなぎます。正しく縫えているか確認しやすいよう、最後まで糸はきつく引っ張らず、緩いままにしておきます。

縫い終わったら、指ととじ針を使って糸を締めます。糸は全く目立ちませんね。

いよいよ次は、袖を輪の形にして袖下を縫う番です!

動画でご覧のように、向きが違う二つの編地でも、簡単に目立たない縫い方でつなぐことが出来ます。

もう使ったことがある方は、ぜひ体験談をシェアして下さい!

あなたもWAKの作品をシェアしませんか? インスタグラムで@WeAreKnittersまたは#WeAreKnittersでタグ付けして、是非画像を投稿してくださいね!