棒針2本を使って他色を編む際の端の糸を縦に渡す方法

画像: 写真-1


よい季節が到来した今、弊社のカラフルなコットン糸玉を使って楽しい組み合わせを作りたくなります。ボーダーを編んでみませんか?本日のポストでは、色を変えても糸を残さず何度も糸始末する必要のない2本の編み針で作る簡単な方法をお教えします。

画像: 写真-2


今回使用したのは: 弊社編み針(5mmと弊社ピーマコットン 糸玉2玉です。

以下の手順に進む前に知っておくべき以下のテクニックのリストをご覧ください。

  • 作り目の方法
  • メリヤス編みの方法
画像: 写真-3


好みの色で必要な数を作り目し最初のボーダーを編みます。

画像: 写真-4

色を変えるときになったら表編みの段で色を変えなければなりません。

画像: 写真-5


簡単に説明すると、次に編み始める糸玉の糸で表編みの段と裏編みの段を編み終えてください。もう一方の色の糸は切らずに休ませておきます。次にその糸をどうするかお見せします。

見てみましょう!

簡単でしょう?

画像: 写真-6


一つだけしなければならないのは、編んでいない糸を次の段を編むのに使用する糸の上に渡すことです。上記画像でご覧いただいているように渡してください。編み地の端が縮まらず一定になるようにこの糸は引っ張らないでください。

次の色を編み始めなければならないところまで来たら、糸は交差させず必要な色の糸を取り表編みの段を編み始めます。

画像: 写真-7


編み地の裏側はこのようになります。2色の糸が編み地の端に縦に渡っているように見えます。

画像: 写真-8


ボーダーは中毒性がありませんか?このチュートリアルがお役に立ちお楽しみいただき、また春らしいカラフルな作品となることを願っています。SNS上ハッシュタグ#weareknittersにてシェアをお待ちしています。