右側への3目減らし目の編み方

時々編むのがとても難しい目があることがあります。そのような編み目に当たったときにやる気がなくならないよう以下の方法をお教えしたいと思います。

今回は右側への3目減らし目の2つの異なる方法での編み方をご紹介します。より簡単にスムーズに編める方をお選びください。この2つの方法は厳密には同じではなく、最初の方法では全ての編み目は右を向きますが、2つ目の方法では右側の編み目は中心を向き、左側の編み目は他の2目の前にきます。それでは見てみましょう。

今回のポストではWAKピーマコットンとWAK棒針(5mmを選びました。

オプション1:左上3目一度

(写真1)

ステップ1:表目を編むように前から針を入れて左の針の3目に一度に右のを入れます。

(写真2)

ステップ2:3を一度に拾ったら右の針に糸をかけます。

(写真3)

ステップ3:目を編み右の針に移します。

(写真4)

編み目が右に傾いているのが分かります。

オプション2:ねじり目、ねじり目、3目一度に編む。

(写真5)

ステップ1:表目を編むように前から針を入れて左の針の最初のを右の針ですくい右の針に移します。

                                                             (写真6)

ステップ2:次の目もステップ1を繰り返します。

                                                             (写真7)

ステップ3:右の針に移した2目に、左の針を右から左に入れ右の針から左の針に移します。

(写真8)

分かりやすいように写真では次のステップで編む3目を分けます。ご覧のように端の2目は交差しており、中心の目が右側にあり、右側の目が中心に上側にくるように交差しています。

(写真9)

ステップ4:表目を編むように左の針の3目に一度に右の針を入れます。

(写真10)

ステップ5:3目を拾ったら右の針に糸をかけます。

(写真11)

ステップ6:針を抜くと右の針に目が移ります。

(写真12)

編み目が右に傾いているのが分かります。

                        (写真13)
                                               (写真14)

2枚の写真にて減らし目の2つの方法の例をご覧いただけます。

もう言い訳はなしです!この2つの編み方に挑戦したらどちらかを選び制作を続けましょう。もう減らし目は難しくありません。#WeAreKnittersを付けシェアすることをお忘れなく!お待ちしています。