ヘムの作り方 その2

先ほどWAKのヘムの作り方をお教えしました。今日はまた違った方法をお教えしたいと思います。これでヘムの作り方をマスターでき、どこでもヘムが作れるようになれます。

このタイプのヘムは首部分から下部を編んだセーターの下部を作るのに最適です。そして同じ方法で編んだ袖部分にも最適です。一旦ヘムができたら、編み続けられなくなる(まるで伏せ止めをしたかのようになります)ので、伏せ止めせずに棒針に直接作った編み目を使いながら行う際にお教えした前の方法と違います。加えて、メリヤス接ぎの方法をご存じの場合は編み方が非常に似ているので、習得するのは簡単でしょう。

説明が分かりやすくなるよう私たちは対照色の糸を使いました。同じ色の糸を使ってしまうと、接続部分が見えづらくなってしまいます。

あなたから見て裏側を向けて、ご希望のヘムの横幅に合わせて折ります。これで棒針の編み目と裏側の編み目の列をつなぎ合わせられるようになります。

木製の棒針の最初の編み目を通って、後ろから前に向けてとじ針を通します。そして木製の棒針の編み目をほどきます。

下から上に向けて、つまりあなたに対して反対向きに裏目に棒針を通します。

次の裏目に棒針を入れます。今回は1目前と反対向きに上から下へ通します。

ステップ1で解いた目に、改めて前から後ろへ棒針を通します。

最後にステップ1のように、後ろから前へ木製の棒針にある次の編み目に棒針を通します。

伏せ止めせずに木製の棒針で全目編み終わるまでこのステップを繰り返します。その後とじ針で解いた糸を始末したら、ヘムの出来上がりです。ヘムをしっかり平らにするため、少し暖かくしなければならないようにこの服をふさぐだけです。

これは編み物の縁を糸始末する方法が違います。

今回の例では、弊社のサーモンピンクの綿糸ピマと5㎜の木製の棒針を使いました。お好きな色を選んで、ぜひ弊社の編み物キットで自分用にカスタマイズして編んでみてください。