トップダウン編み方

セーターを編む時に袖や身頃が出来上がったけれども、「とじ・はぎ」が苦手だなと思う方にオススメな今回のチュートリアル。「とじ・はぎ」が不必要な、ネックから編むトップダウンセーターの特徴をご紹介します。裾から編むことが多いセーターですが、チュートリアル名の通り、ネックから編んでいきます。

必要な道具

お好きな色のWAK ザ ウールを 3玉用意してください。

15mmの輪針、ほつれ止め(目を休ませる際に使用する写真のような道具)。ほつれ止めがない場合も編むことができるので心配しないでください。後ほどほつれ止めなしの目を休ませる方法をご説明します。

今回のチュートリアルで必要なテクニック

  • 輪編み
  • “マジックループ”を使用した編み方
  • 表編み
  • かけ目
  • ねじり目

棒針編み:ネックから編むトップダウンセーター

トップダウンでセーター編む場合、ネック部分から編み始めます:

編み物レシピに記載されている目数を参考にネック部分の作り目をします。作り目をする際に、必ず目がねじれず、同じ向きになるように注意してください。作り目の目数が少なく、輪針の直径とサイズが合わないため、“マジックループ編み”で編み進めます。

上の写真がネック部分の完成図になります。

ヨーク部分(セーター上部)の目数を増やす

ネック部分を編み終えた後は、セーターの他の部分を編みます。まずはセーターのヨーク部分を編みます。袖や身頃の幅に充分になるように、編み物レシピ通り目数を増やし編んでいきます。輪針の長さに充分な目数になりましたら、“マジックループ編み”から輪ばりを使用した編み方に変えます。

上の写真と同じ形になるように編み進めます。

袖と身頃の目を分ける

セーターのヨーク部分を編み終えたら、今度は袖と身頃の目を分けます。

前身頃部分から編み始め、1つ目のアームホール部分の目は休ませます。次に後ろの身頃部分を編み、2つ目のアームホール部分の目を休ませます。

目を休ませるときは「ほつれ止め」を使用します。ほつれ止めがお手元にない場合は、セーターで使用している編み糸とは違う色の糸を用意し、とじ針で休ませる目を拾っていきます。休ませる目を拾った後は解けないようにほつれ止めで使用した毛糸を結んでおきます。

身頃の編み方

輪針には前と後の身頃部分の目が残っています。編み針に残っている身頃部分を編み物レシピを参考にご希望の丈になるまで編み進めます。

袖の編み方

休ませておいた袖の目を拾います。

ほつれ止めを開き、休ませておいた目を編み針に移します。袖を半分のところまで編み進めたら、輪針のコード部分に編んだ目を移し、残り半分の目を編み進めます。詳細はビデオをご参照ください。

上の写真のように編む準備ができましたら、袖を編み進めていきます。この時、目立たない脇の部分から編み始めます。

マジックループ編みを用いて袖部分を編み進めます。

形を変えたい場合は、袖の形を絞るなど適宜減らし目をします。

片方の袖が出来上がったら、もう片方の袖も編み進めていきます。

コツ:脇部分の穴を目立たなくする方法

多くの場合糸始末をしていく際に腕周りに小さな穴(隙間)ができてしまいます。

心配しないでください。まず作品の裏側が表面へ来るように裏返します。そしてとじ針に作品と同じ色の編み糸を通します。穴が気になる箇所の周辺を数目抜い、穴を閉じます。この時に可能な限り表側に縫い目が出ないようにします。

上の写真のように穴が目立たなくなっていれば完成です。

袖が編み終わり、糸始末をしたらいよいよ完成です。今年の冬はぜひ棒針編み:ネックから編むトップダウンセーターに挑戦してください。そして、手編みの暖かいセーターを着て過ごせますように!出来上がった作品を使用したお気に入りの編み物作品をぜひSNS(ソーシャルメディア)でシェアしてくださいね!ハッシュタグ #weareknitters 、#ウィーアーニッターズ を忘れずに J 次回のブログをお楽しみに!