三角レース編みの方法

今回の投稿では三角レース編みの方法をお教えします。

この編み図はどんな編み物にも組み合わせることができます。

そして表目、裏目、右上2目1度、掛け目の作り方は知っておく必要があります。

弊社のピマコットンと5㎜の棒針を使いましょう。

写真1

今日は三角レース編みという伝統的な編み方を学びましょう。

流行りに関係なく使えるこの編み方はどんな編み物にも取り入れることができます。

これはいい天気の時にも最適で涼しげな洋服にもおすすめな編み図です。

あなたが編み物初心者でもこの編み方でレベルアップできますし、ここで出てくる編み目は簡単です。

疑問点があれば記載されているリンクで確認することができます。

あとは時間を見つけて、編み棒を持って始めましょう!

写真2

以下が今回使用する材料になります。

この編み物のために何が必要でしょうか?

今回、基礎部分が3目に分かれた、例のような2つの三角レース編みを作成するにあたり25目編んでおきます。

編む際には、分割部分に加えたい編み目の数よりも三角レース編みの基礎部分が8目多くスペースが必要なことを頭に入れておきましょう。

写真3

編み図をわかりやすくするためにも、このパターンを編み始める前にメリヤス編みで2段編んでおきます。

1段目:表目で3目、※1目掛け目、1目右上2目一度を編みます※。※~※を4回繰り返し、表目で3目編みます。そして※~※を4回繰り返し、3目編みます。

2段目(そして偶数段の残り):裏目で全目編みます。

3段目:表目で全目編みます。

写真5

5段目:表目で4目、※1目掛け目、1目右上2目一度を編みます※。※~※を3回繰り返し、表目で5目編みます。そして※~※を3回繰り返し、表目で4目編みます。

写真6

7段目:表目で全目編みます。

写真7

1段目:表目で5目、※1目掛け目、1目右上2目一度を編みます※。※~※を2回繰り返し、表目で7目編みます。そして※~※を2回繰り返し、表目で5目編みます。

写真8

11段目:表目で全目編みます。

写真9

1段目:表目で6目、1目掛け目、1目右上2目一度、表目で9目、1目掛け目、1目右上2目一度そして表目6目編みます。

写真10

15段目:表目で全目編んだら準備は万端!

1段目から15段目までこのパターンを何度も繰り返します。

今まで見てきた通り、今回作った右上2目1度を習得してしまえば、見た目よりも簡単です。 

あとはあなたが実際に作ってみて、どんなものができたかレポートするだけ!

ぜひ #WeAreKnitters で皆さんの作品をシェアしてください。