余ったコットン糸を使った紛失防止のミニバスケットの作り方

画像: 写真-1


ニッターだれでも作品を編み終える毎に余った糸玉が溜まっていきます。本日はボックスやばらばらに袋にしまっているコットンの残りを集めてみることを提案します。家に飾ったり、帰宅してすぐ鍵や小銭入れなど身の回りのものをしまったりできる便利なミニバスケットにリサイクルしましょう。

画像: 写真-2


今回は かぎ針(5mmと弊社ピーマコットン糸玉をいくつか使用します。

始める前に知っておくべき編み目、テクニックのリストは以下のとおりです。

  • 輪の作り方
  • くさり目の作り方
  • 細編みの編み方
  • 増し目の方法
  • スパイラルの編み方
  • 色の変え方

このデザインを作りますが、コットンの余りを使って好きなデザインも作れます。では手順を追って始めましょう。

ミニバスケットの底

画像: 写真-3


ミントカラーで輪を作りミニバスケットを作り始めましょう。

画像: 写真-4


輪に6目細編みします。

画像: 写真-5


1周目: 下の周の各編み目に1目ずつ増し目をします。(全部で12目)

画像: 写真-6


2周目: ※1目細編みし1目増し目をする※。※~※をあと5回繰り返します。(全部で18目)

画像: 写真-7


前のステップの下線部の段の部分は増し目間の距離で、次の周では2目、次は3目、と続けて細編みをする必要があります。最後の周は増し目と増し目の間に細編みを9目編みます。

ミニバスケット側面

画像: 写真-8


1周目: この周は全て細編みします。1周は全部で66目になります。

1周目と同じく更に2回繰り返します。

画像: 写真-9


4周目: 側面のデザインを始めます。※ミントカラーで5目細編みし、ナチュラルカラーで1目細編みします※。※~※を周の終わりまで繰り返します。

画像: 写真-10


5周目: ミントカラーで5目、ナチュラルカラーで2目細編みします。続いて※ミントカラーで4目、ナチュラルカラーで2目細編みします※。※~※を残り5目になるまで繰り返します。ミントカラーで4目、ナチュラルカラーで1目細編みします。

画像: 写真-11


6周目: ナチュラルカラーで1目、ミントカラーで4目細編みを始めます。続いて※ナチュラルカラーで3目、ミントカラーで3目細編みします※。※~※を周の終わりまで繰り返します。ミントカラーで3目、ナチュラルカラーで1目細編みして終わりです。

画像: 写真-12


7周目: ナチュラルカラーで2目、ミントカラーで3目細編みします。続けて※ナチュラルカラーで4目、ミントカラーで2目細編みします※。※~※を残り1目になるまで繰り返します。ナチュラルカラーで1目編みこの周は終わりです。

画像: 写真-13


8周目: ナチュラルカラーで3目、ミントカラーで2目細編みします。ここで※ナチュラルカラーで5目、ミントカラーで1目細編みします※。※~※を残り1目になるまで繰り返します。ナチュラルカラーで1目編んで終わります。

画像: 写真-14


9周目: ナチュラルカラーで4目、ミントカラーで1目細編みします。この周の残りはナチュラルカラーで編み続けます。

画像: 写真-15


10周目: この周の目は全てナチュラルカラーで細編みします。

画像: 写真-16


上記の周をあと12回繰り返します。

画像: 写真-17


ここで引っ掛けられるように持ち手を作りましょう。※40目くさり目を作り、8目とばして続いて25目細編みします※。※~※を繰り返して2つ目の持ち手を作ります。

画像: 写真-18


さらに2周全て細編みします。

画像: 写真-19


ここで毛糸針を使い、ミニバスケットの糸がほどけないように糸始末をしてください。これでミニバスケットは完成です!身の回りのものをどこに置いたか簡単に思い出せるような場所、例えばコート掛けやドアノブなどに掛けたり様々な用途でお使いいただけます。

この作り方が気に入っていただけると嬉しいです。あなたの紛失防止のミニバスケットをSNS上#weareknittersでシェアお待ちしています。