かぎ針で編む千鳥格子模様

(foto1)

今回はトレンドに左右されることなく、様々な

場面で役に立つクラシックスタイルの模様、かぎ針で編む千鳥格子模様のご紹介です。

かぎ針で編む千鳥格子模様は 裏も表もリバーシブル。かぎ針が初心者の方も上級の方も両方楽しめて簡単な編み方です。マフラーや、ブランケット、帽子、バッグなどたくさんの作品において使うことができる模様なので、早速見てみましょう。

(foto2)

コントラストのある2色の編み糸を使いましょう。今回はピマコットンの色と 色、5mmのかぎ針を使用しています。

くさり目、細編み、長編み、かけ糸のかけ方などのテクニックを確認しておきましょう。

さあ、始めましょう。まず2の倍数の数のくさり目を作ります。

(foto3)
(foto4)

1段目:立ち目になるくさり目を1目して、細編みの最初の1目と数えます。かぎ針から3つ目のくさり目に1目長編みします。細編み、長編みと交互に繰り返して段を終わります。

(foto6)

2段目:色を変えます。立ち目になるくさり目を1目して、細編みの最初の1目と数えます。長編み、細編みと段を終えるまで交互に編んでいきます。この時今編んでない色のかけ糸も一緒に編みくるみながら編んでくと、段を終える時にそのかけ糸が段の終わりに手元に残り、次の段をその色で進められます。

もし途中で細編みか長編みかどちらの編み目を編むのかわからなくなったら前の段を確認してください。前の段で細編みを編んでいたら、今の段ではその上に長編みを編みます。

(foto7)

この編み方で編むとあっという間に時間が進んで作品もあっという間にできてしまいます。ぜひあなたの編み物もハッシュタグ#WeAreKnittersを使って

SNSにシェアしてくださいね!